第14回日本雪工学会上信越支部研究発表会の発表者募集

2月 19th, 2014

上信越支部では、克雪・利雪と地域振興をテーマとして第14回の研究発表会を、下記の要領で開催します。これは支部の研究活動を活発化させることを目的に開催されるものです。雪に関係するテーマであれば、工学以外のジャンルの論文でも構いません。会員各位の積極的な応募を期待しています。下記ページをご参照頂き、ご応募下さい。

 

http://www.snoweng.org/?page_id=1802

平成26年度 上信越支部若手研究者研究助成(公募)のご案内

2月 19th, 2014

日本雪工学会上信越支部では、雪工学に関係した若手研究者の研究を支援するため、下記の要領で研究費の助成を行います。奮ってご応募下さい。

名   称:日本雪工学会上信越支部若手研究者研究費助成

対 象 者:日本雪工学会に所属する40歳未満の会員(含学生会員)

助成金額:10万円/件(年2件を上限とする)

助成期間:上信越支部研究発表会の翌日から1年間

テ ー マ:上信越の雪に関係した研究(自然科学・人文科学・その他の分野)

使  途:研究活動全般(含旅費)

 

詳しくは下記のページをご覧ください

 

http://www.snoweng.org/?page_id=1794

第2回 雁木通りの世界遺産登録に向けたシンポジウムの開催

11月 22nd, 2013

 雁木通りは雪国を代表する文化遺産であるとともに、世界的にみても大変貴重な存在です。
寒冷地帯において都市生活を可能にする工夫は世界にもみられますが、我が国の多雪地帯の雁木通りのように私有地を公に提供する形で市街地の無雪通路が形成されるものは見られません。
 この雁木通りを世界遺産とするためには所有する住民の方々の理解と熱意が不可欠ですが、その危機的な状況について、広く周知されているとは言えません。

第 2回目となる本年は、近世初期に城下町建設の一環として雁木通りが形成された長岡市を会場に開催いたします。

詳しくは下記ページをご覧ください。

http://www.snoweng.org/?page_id=1776

RSSでウェブサイト更新情報を配信いたします。