雪シンポジウムin小千谷開催のお知らせ

今年度で第31回目となる「雪シンポジウム」が、小千谷市で開催されます。

日時:平成27年10月30日(金) 10:00〜17:10
会場:小千谷市民会館(小千谷市土川1丁目3番3号)
<プログラム>
・開会式 あいさつ 実行委員長 大塚昇一(小千谷市長)
副実行委員長 小口浩(国土交通省北陸地方整備局企画部長)
・基調講演 「100年後も雪国であるために」 井口智裕(一般社団法人 雪国観光圏 代表理事)
・パネルディスカッション
第一セッション「未来から雪とのつきあい方を考える」
コーディネーター 諸橋和行(日本雪工学会理事/公益財団法人中越防災安全推進機構事務局長)
第二セッション「雪国の魅力を活かした地域活性化とは」
コーディネーター 瀬戸民枝(日本雪工学会会員/新潟県新潟地域振興局新津地域整備部計画調整課長)
・閉会式 あいさつ 副実行委員長 菅原邦生(日本雪工学会上信越支部長/山形工科短期大学校准教授)

中越地震を乗り越え、克雪宣言都市でもある小千谷市で、これからの雪の向き合い方を考えるシンポジウムとなっております。お時間のある方は、平日ではありますが、是非ご参加下さい。

尚、申し込み締め切りが10月19日(月)までとなっております。

参加希望の方は、添付の「リーフレット」をご覧頂き、「雪シンポ申込書」を連絡先までお送り下さい。

リーフレット・雪シンポ申込書

RSSでウェブサイト更新情報を配信いたします。